ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰(腰痛)で会社をクビにされた

ぎっくり腰で解雇した会社にもやむを得ぬ事情があり、ご承知いただき、治療に専念する。筋の通らぬ解雇ならば新しい会社のご理解もきっと得られます。

※スポンサーCM

ぎっくり腰になられてしまわれた方の中には様々な経緯をお持ちの方がおられることだと存じ上げます。趣味のスキー中にぎっくり腰になられてしまわれた方もおられれば、何事も無い日常を過ごしていてふとした拍子に激痛に見舞われた方もおられることでしょう。勤務中に業務命令に則って重量物を持ち上げているときにグキッと痛めてしまわれた方も当然のことながらおられることだと思います。

そして、結果的に働けなくなってしまい、職場にその旨を申し出たところ
働けないならもういらんよ、クビだ!クビ!
とあっさりと切り捨てるように解雇を宣告された方もきっとおられることでしょう。それはお辛いことだと思います。心中お察しいたします。

大変なご事情をお持ちであることだと思います。会社を恨みたくなるお気持ちになられたとしても決してご無理はありません。

※スポンサーCM

ただし、会社の立場も同時にお考えいただきたいと思います。満足に仕事ができぬようになってしまわれたのではその方を労働力として予定を組むことが出来なくなってしまいますよね。そして、いつ治るのかという目途も立たぬ状況でしたらそういった苦渋の選択をされることも会社経営者ならば時として選ばねばならぬこともあります。会社の従業員を養って事業を守って行くは時としてそれほどまでに残酷・非情に徹することも求められるのです。したがいまして、こういったときに無理があるかもしれませんが、温かいお心をお持ちになって次のお仕事をお探しになっていただければと思います。

筋の通らぬ解雇ならば次の会社も事情を察してくれるはず。

やむを得ぬ事情で仕事を解雇されてしまわれた場合でしたらクヨクヨする必要はありません。しっかりと治療に専念して腰痛さえきちんと完治させれば、次の会社の応募ではきっと貴方のことを受け入れてくださる職場は見つかることでしょう。

ではなぜ、次の会社が新しい貴方のことを受け入れてくださるのか?それは、きちんと筋が通っているからなのです。貴方が職場の勤務命令に則り安全確認を怠らず、充分に気をつけながら作業をしている中で不可抗力で発生したぎっくり腰であれば、それはやむを得ぬものだと言えるはずでしょう。ましては、日常的に重量物を取り扱う現場関係のお仕事や運送、物流などでしたら重量物を避けることは絶対にできません。こういった事情であれば最前線で働くものであれば常にぎっくり腰や腰痛などのリスクとは隣り合わせなわけです。

リスクと隣り合わせの状況だと分かって働かせていながら、ぎっくり腰になってしまい、
「はい、じゃあクビ!」
とあっさりと解雇するような職場でしたら、その職場の人間関係・信頼は果してその後上手く行くのでしょうか?きっと同じように働かれている同僚の皆様も
「俺もクビにされるのでは?」
と不安になってしまい、次から会社のために一生懸命働かなくなってしまうのではございませんでしょうか?これではその会社の存続自体が危ぶまれてしまうことです。
したがいまして、そういった事情を察してくれている採用担当者の方であれば、それぐらいの経緯は察してくれるはずです。ましては採用担当に選ばれる方はそういったそれぞれのご事情を把握するプロの方だからできるのです。

ですから、クビにされてしまったことは事実ですが、どうか気を病まれずにご安心して次の職場をお探しになっていただければと思います。むしろ新しい会社の採用担当者の皆様からすれば
「会社のためにそこまで一生懸命になってくれるのならば是非とも我が社に来てもらいたい!

と貴方の採用に前向きになってくださるはずです。

※スポンサーCM

ただし、会社とぎっくり腰の因果関係にもよる。自己の責任によるならば誰も理解しなくても当然

勤務中のやむを得ぬぎっくり腰であれば採用担当者の方も前向きに検討してくださることでしょう。しかし、例えばプライベートで「スキーのハイジャンプに挑戦したらぎっくり腰になった」とか明らかに貴方様に無謀な行いや落ち度がある場合は、会社にはまったく落ち度はありません。この場合は直ちにクビを宣告されたとしても決して周囲を恨むことは許されません。採用担当者の方の理解も得られぬ可能性もあります。この場合はそういった経緯があったことを丁寧にお伝えし、飽くまでも故意でなく偶発的な事故により起こったものだということをご検討いただく必要があります

責任の所在が不明なぎっくり腰(日常生活で発生)では、誰もせいでもあらず。この場合はご自身で納得するしかありません

また、日常生活で歯磨き中や洗顔中などちょっとした油断によって生じたようなぎっくり腰の場合は誰の責任でもありません。ご本人も何の意図もありませんし、会社も悪くありませんよね。ただ偶然ご本人に生じてしまったわけです。この場合は会社はクビを言い渡したとしても会社は何も落ち度はありませんし、貴方様にも悪い部分はありません。仕方が無いわけです。

この場合は、次の仕事の面接のときに採用担当者の方によって判断が分かれることでしょう。厳しい方でしたら「体調管理に問題があった」と判断して不採用になることもあるでしょう。

また、別の担当者の方でしたら、「会社側の過酷な労務環境に問題があった」とお考えになられることもあるでしょう。この場合でしたら筋が通っているものと判断し採用に至ることも考えられます。

肝心なことは腰痛が治っているかどうか。どんな形態の解雇であろうとも、次の仕事のを得られるかどうかは回復の度合いによる。

結果的なことを言えば、どんな経緯で会社を退職したのであれ、筋が通っていようと、通っていまいと、もっとも肝心なことは受傷した腰痛が完治しているかどうかということが一番のネックとなります。満足に働けぬ人を雇用するはずはありません。また、働く以上は腰痛を言い訳にすることは許されません。整体を受けて少しでも回復に繋げるなど最大限の努力を求められることでしょう。

腰痛による退職・解雇

結論:数年は我慢するけど結果的に退職している

仕事でぎっくり腰になったときの退職の懸念事項とは

ぎっくり腰の退職が理解されない

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

ぎっくり腰の退職の仕方

腰痛で仕事を辞める時の注意点

定年退職後、仕事内容によって起こった腰痛は労災になるか?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

ぎっくり腰で1週間休むとクビになる?

立ち仕事で重い荷物を持つ、もし慢性腰痛になったらその仕事は続けるべきか?

勤務中になったが退職できるか?

ぎっくり腰で仕事を辞める

慢性腰痛で会社はクビになる?

会社をクビになった

ぎっくり腰は退職の理由になるか?

腰痛による休み・欠勤・復帰

結論:せめて3日は休もう

腰痛持ちの休憩は?

腰痛で6週間仕事を休むということは?

腰の怪我で仕事ができない職員を休ませられるのか?

ぎっくり腰のドクターストップは?

ぎっくり腰でも仕事に出るように言われ断れない

ぎっくり腰で仕事を休む人を世間はどう思うか?

ぎっくり腰で欠勤するのが不安、力仕事は止めた方がいいのか?

ぎっくり腰で出社するのは会社にとっては迷惑か?

腰痛で立ち仕事が我慢できない

腰痛によりずっと休んでいる、会社に電話しずらい

ぎっくり腰だけど休みづらい

正社員が腰痛で休んで大丈夫?

立ち仕事のぎっくり腰は休むべきか?

ヘルニアで休職、どのくらいの痛みで復帰すればよいのか?

嫁がぎっくり腰、何日休める?

ぎっくり腰で1週間休むのは妥当なのか?

坐骨神経痛の休職は?

腰痛で仕事を休みたい。ドクターストップは?

ぎっくり腰になって仕事をしてもいいんですか?

坐骨神経痛激痛から職場復帰はどれぐらい?

ぎっくり腰で休めないのは異常じゃないですか?

腰痛で長期休業しやすい職場の共通点

ぎっくり腰、二人体制で休めない

普通は、腰痛で仕事を休むものなの?

立ち仕事なら完治まで何日掛かる?

腰の痛み パートを休むときの理由は?伝え方

職場へ復帰するときには

ぎっくり腰で休んでまた腰痛で休むのはあり?

腰痛で2週間会社を休むのはどうか?

仕事を休む日数の目安

仕事をお休みする基準

椎間板ヘルニアで立ち仕事に出ていいか?

人が居ない職場は休ませてもらえるのか?

Qギックリ腰、3日で仕事行って良い?

どうしても仕事が休みたくてわざとなった

仕事関連

「仕事関連」をさらにジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

職業別

腰痛による職業問題

腰痛での進退・休み

職業選択・転職

息抜き

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開