ぎっくり腰専門ユークル整体院

慢性腰痛で会社はクビになる?

慢性腰痛があり、業務に支障を来すようならば普通の会社であればやはりクビになります。例外としては成功報酬型・完全歩合給・業績給・個人経営・親族や身内の経営する会社、腰が痛くても働ける仕事なら問題はありません。早くから自分の適性にあったお仕事を探しましょう。もちろん治療も諦めてはいけません。慢性腰痛は正しいケアできっと良くなります。

※スポンサーCM

業務に支障を来せば普通の会社ならば最終的にはクビになります。ただし例外もある。

では、なぜこのような題名で書くのか?と申しますとこのホームページへとアクセスされるユーザーの皆様の検索履歴を参考にさせていただいておりまして、少しでも腰痛をお持ちの方のお役に立つことやお仕事に対して希望を抱いていただけるようにという願いからそのようにさせていただいたわけです。できるだけ私の独りよがりの内容とならぬようにして参りたいと思いますので、是非ともご覧になっていただければと思います。おそらく今回は学生さんで慢性腰痛である腰椎分離症や腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの方なのではないかと推察されます。

では短刀直入に回答いたしますと、『業務に支障を来せば、普通の会社であれば最終的にはクビになる』という回答となります。ではなぜなのかについて申し上げたいと思います。

会社が仕事のスケジュールを組むことができないから。

ではなぜ慢性腰痛を持っているとダメなのかと申し上げますと。腰痛をいつ発症されるか不明ですので、仕事のスケジュールを組むことが難しいというのが一番の理由です。

仕事といものは会社が発注先から受注をいただいて来てその受注を社員の皆様に予定通りに実行していただくからお金が入ってくるわけです。つまり、お金をお客様がお支払いになられるときにそれと引き換えに商品(サービス)をお渡ししなければなりません。もしくは納期を確約しなければなりません。お客様からお金を先にいただいて、『じゃあ気が向いたときに作ります。(提供します。)』では相手は商品をいつ受け取ることができるか不明ですからとても心配になりますよね。約束をしないということは守らなくても文句も言えません。したがって納期や期限を定めるからこそ仕事としてなりたつわけです。

したがいまして一般的な会社ではいつなんどき痛みによって仕事ができなくなるか分からぬ状態の方を戦力として予定を組むことができません。つまり、今現在慢性腰痛をお持ちで尚且つ業務に支障を来してしまうのであれば、その方を戦力として組み入れてしまうことでお客様とのお約束が守れなくなれば次の受注が得られませんので会社の経営が悪化します。ですからクビにしてでも約束を履行せねばなりません。

※スポンサーCM

ちなみに例えどれほど酷い慢性腰痛であろうとも業務に支障を来さなければそこまで問題はありません。また、お勤めになられる会社が個人経営の会社であって、経営者の采配で大丈夫ということでしたら良いと思いますが、それでは会社としてみたときに大きな仕事は獲得することは難しいでしょう。また、当然のことですが、皆さまが会社経営者となったり、もしくはご家族やご身内の方が経営しているところでお勤めになられているのでしたら経営が悪化しようともクビにならないかもしれません。まあ自分が経営者だったとしたならば仕事が入ってこなくなって倒産する可能性がありますが・・・

もちろん慢性腰痛があっても大丈夫な会社もある。

では例外は無いのかと申しますとやはり例外となる会社も沢山あることだと思います。それは例えば営業職などで完全にご自信の営業成績だけで収入が決まるようなものです。業績だけで収入が決まるような結果報酬型(完全歩合給)の会社ならばクビという概念はそもそも存在しません。周りに迷惑さえ掛けなければとくに腰痛があろうとも支障はないと思います。しかし、逆に言えば会社にどれだけ真面目に通勤して365日休み無しで働いても結果が伴わなければ収入が発生しませんので、生活できぬ可能性はあります。つまり、腰痛が合っても生活が成り立つほどの収益を発生させることが求められるのです。要するには仕事さえできれば腰が痛くてもそうでなくても全く問題はないのです。どちらかと言えば慢性腰痛をお持ちの方はそういった会社で働かれることが多いと思います。

また、腰をほとんど使わぬお仕事でしたら仕事をクビになることは無いかと思います。例えば作詞・作曲などは寝たままやっても結果的に音楽を聴く人が満足してくれれば良いわけですし、コンピューターの操作でしたら指先だけしか使いません。また、電話越しにお客様とお話してコンサルタントをするようなお仕事もあります。世の中には盲目の方や、片手だけしかない人、足がない人でもお仕事をされて立派に社会生活を営んでおられるのですから、不意に痛みが出るぐらいでしたら生活して行くことは充分かのうです。

※スポンサーCM

大切なことは自分の適性を早めに知ること。

大切なことはできるだけ早めに自分の適性を知るように心がけることです。腰痛があるからということで働けるところならば何でも良いというわけではないはずです。少しでも自分の興味のある分野や、やりがいを持って取り組める仕事をお選びになっていただくことが大切です。何事も自分のまったく興味のないことをしたのでは楽しくありません。専門分野とかけ離れたことをするのは精神的にも苦痛を感じることでしょう。例えば車が好きな人は車のことを一生懸命に勉強されるはずです。勉強していることが苦痛ではありませんし、東京モーターショーなどにも喜んで見に行かれることでしょう。ところが車のことが嫌いな方はそういったより詳しく知ろうと思う行動が全て苦痛に思えてしまうことです。私も整体師という職業を自身にとっての天職であると思っておりますので、こういった腰痛に関してのご相談も本当にすがすがしい気持ちで対応することができているわけです。

どうか慢性腰痛にくじけずにこれからも頑張ってください。

腰痛による退職・解雇

結論:数年は我慢するけど結果的に退職している

仕事でぎっくり腰になったときの退職の懸念事項とは

ぎっくり腰の退職が理解されない

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

ぎっくり腰の退職の仕方

腰痛で仕事を辞める時の注意点

定年退職後、仕事内容によって起こった腰痛は労災になるか?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

ぎっくり腰で1週間休むとクビになる?

立ち仕事で重い荷物を持つ、もし慢性腰痛になったらその仕事は続けるべきか?

勤務中になったが退職できるか?

ぎっくり腰で仕事を辞める

慢性腰痛で会社はクビになる?

会社をクビになった

ぎっくり腰は退職の理由になるか?

腰痛による休み・欠勤・復帰

結論:せめて3日は休もう

腰痛持ちの休憩は?

腰痛で6週間仕事を休むということは?

腰の怪我で仕事ができない職員を休ませられるのか?

ぎっくり腰のドクターストップは?

ぎっくり腰でも仕事に出るように言われ断れない

ぎっくり腰で仕事を休む人を世間はどう思うか?

ぎっくり腰で欠勤するのが不安、力仕事は止めた方がいいのか?

ぎっくり腰で出社するのは会社にとっては迷惑か?

腰痛で立ち仕事が我慢できない

腰痛によりずっと休んでいる、会社に電話しずらい

ぎっくり腰だけど休みづらい

正社員が腰痛で休んで大丈夫?

立ち仕事のぎっくり腰は休むべきか?

ヘルニアで休職、どのくらいの痛みで復帰すればよいのか?

嫁がぎっくり腰、何日休める?

ぎっくり腰で1週間休むのは妥当なのか?

坐骨神経痛の休職は?

腰痛で仕事を休みたい。ドクターストップは?

ぎっくり腰になって仕事をしてもいいんですか?

坐骨神経痛激痛から職場復帰はどれぐらい?

ぎっくり腰で休めないのは異常じゃないですか?

腰痛で長期休業しやすい職場の共通点

ぎっくり腰、二人体制で休めない

普通は、腰痛で仕事を休むものなの?

立ち仕事なら完治まで何日掛かる?

腰の痛み パートを休むときの理由は?伝え方

職場へ復帰するときには

ぎっくり腰で休んでまた腰痛で休むのはあり?

腰痛で2週間会社を休むのはどうか?

仕事を休む日数の目安

仕事をお休みする基準

椎間板ヘルニアで立ち仕事に出ていいか?

人が居ない職場は休ませてもらえるのか?

Qギックリ腰、3日で仕事行って良い?

どうしても仕事が休みたくてわざとなった

仕事関連

「仕事関連」をさらにジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

職業別

腰痛による職業問題

腰痛での進退・休み

職業選択・転職

息抜き

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開