ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰のドクターストップは?

結論:医者は医学的な見解は伝えるが、仕事を休むのも止めるのも、会社と労働者だけの話である。

※スポンサーCM

おそらく今回の質問者は、「会社員」の方だと思います。ぎっくり腰になって仕事について以下のお悩みをお持ちでしょう。

ところが、世間一般的に見たときに
「どれぐらいの症状だと医者から、ドクターストップの指示が出るのか?」が不明なのでしょう。やはり、専門家の指示が欲しいです。
例えば、医者が
「仕事を休むように」
と指示を出したなら、「専門家の言葉」として会社の上司には伝えられます。

自分の発言を回避したい

たぶん、ドクターストップの基準について知りたい方は、自分の発言として、欠勤を職場に伝えたり、退職の意思を伝えるのが後ろめたいと思っているのでしょう。しかし、休むにせよ、辞めるにせよ、自分の発言として伝えるものです。
「医者から言われたので・・・・」
では、職場の上司も納得しません。

医者は意向に沿う

基本的には、医者は皆さんに仕事を辞めるように指示しませんし、休むように指示もしません。
例えば、
「これ以上は無理だから、仕事を辞めなさい」
とか、
「とても仕事なんて無理だから、家で寝ていなさい!」
などとは言いません。僕が医者の立ち場でしたら、皆さんの意向に沿うように言葉を掛けるでしょう。例えば、仕事を休みたい方から、以下のように申し出を受けたとします。
「先生、仕事は休んだ方がいいですか?」
すると、医者の立場でしたら、
「休みたいですか?」
と確認を取ります。
患者が休みたいと答えれば、休むように指示します。
「じゃあ診断書に『全治一週間』と書いておきます。」
という感じで、あくまでも皆さんの意向に沿う形で診断書を書くでしょう

また、仕事の退職の意向に沿う場合は、
「退職しなさい」
とは言いません。あくまでも持病の進展についてふれるはずです。
具体的には、
「このままだと腰痛は悪化します」
などと告げるはずです。

仮に皆さんがどんなに腰が痛くても仕事を休みたくなかったとします。その場合は、そもそも医者に了解をとったりしません。医者に了解を取るのは、多くが休んだり、仕事を退職するなどの場面だと思います。

※スポンサーCM

基本的には医者のスタンスは皆さんの意向に沿うだけで、医者が皆さんの進退を判断しません。

本来であれば、仕事を休むのも、辞めるのも、続けるのも本人と会社の間の話です。医者には関係のない話なので、首を突っ込むべきではありません。

医学的な見解

あくまでも医者が果たすべき役割は、治療をし、医学的な見解を示すだけです。
例えば、
「ぎっくり腰で治癒までに2週間掛かる」
とか、
「このままでは腰椎椎間板ヘルニアを発症する」
とか、
「力仕事をいまのまま続けると、腰痛が悪化する」
などと、医学的な考察を述べるのは医者の役割です。
ところが、患者の仕事の進退について触れるのは出しゃばりすぎです
例えば、
「そんな仕事はダメだ!すぐに辞めなさい!」

とか、
「もう歳なんだから、力仕事なんて辞めなさい!」
などと、外野が口出しするべきではありません。医者が関与するのは医学的な見解を伝えるまでです。仕事を続けるのも辞めるのも、休むのも患者が自分で考えるべきです。また、会社の進退は、労働者と会社の両者が話し合って決めることです。この二者以外のものには関係のない話です。したがって、ぎっくり腰になったときに、ドクターストップを求めても、会社の方々は納得はしません。あくまでも労働者である患者の口から伝えるべきです。

法的な権限がない

また、仮に医者が皆さんの今後の進退について口出しをしたとします。
「腰痛が悪化するからすぐに退職しなさい!」
と言ったとします。しかし、法的に見たときに、そういった指示に従う法律はありません。仮に無視したとしても、何らかの刑罰に処されません。したがって会社の立場でしたら、医者の意見は無視しても責任を問われません。

例えば、警察官は強制力を持っています。自動車の運転中に「止まりなさい」と指示されたとします。この指示に従わない場合には、最悪は逮捕されます。ところが医者にはこういった強制力はありません。

医者の立ち場は、あくまでも患者に対して「提案」はできても、「強制力」を働かせられません。

医者の意見はあくまでも第三者の「参考意見」にしかすぎません。職場の上司の方は、納得しないので、かえって余計な手間を取らせて怒らせるだけです。

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開